低侵襲脊椎手術

特徴・腰椎手術 | 頚椎疾患 | 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折

当センターにおいては積極的に低侵襲脊椎手術を行っています。
腰椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア等の腰椎変性疾患や頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症性脊髄症等の頚椎変性疾患を対象としております。 また骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折に対しても早期除痛を目的として低侵襲手術を行っております。

低侵襲脊椎手術の特徴 Minimally Invasive Spinal Surgery (MISS)

長 所

  • 筋肉ダメージが少ない 、術後疼痛の軽減
  • 出血量の軽減
  • 早期離床、早期退院
  • Cosmeticに有利

短 所

  • 手術時間の延長
  • 技術的な困難性
  • 適応が限られる
  • 特殊な器具の必要性

1. 腰椎手術

腰椎固定術

腰椎すべり症等の不安定のある腰椎に対する低侵襲腰椎固定術

腰椎すべり症など腰椎の不安定性がある場合には神経の圧迫を取り除いたあとに、不安定な骨同士を固定する必要があります。従来は、10cm以上の皮膚切開を置いて背筋を広範囲に骨からはがして病変部位に達して、除圧及び固定を行っていました。最近は片側に約3〜4cm、2cm、1cmの3箇所の皮膚切開を置き、特別な開創器を挿入して、背筋を分けるように病変部に到達して手術を行っています。以下のような特長があります。

  • 皮膚切開が小さいため術後の痛みが従来法に比べ少ない。
  • 入院期間が短縮される。 (順調であれば、術後2週間以内に退院できます。)
  • 背筋に対する負担が少ない。

但し、病変が3箇所に及ぶ場合や変形が高度な場合はこの手術の適応とはなりません。

低侵襲手術と従来法との皮膚切開の違い
1椎間固定例での比較
 
従来法   MISS

 

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアに対する椎間板摘出術(髄核摘出術)に対する低侵襲手術として、特殊な開創器による小切開法及び内視鏡による手術を行っています。

顱望切開法

小切開法に用いる開創器

  • 22mmの皮切で手術が行えます。
  • 通常の手術であるラブ法と同様な術野が確保されるためほとんどのタイプのヘルニアに対応可能です。

髻帽椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下ヘルニア摘出術

全身麻酔下に、約18mmの皮膚切開を置き、そこから内視鏡を挿入してヘルニアを摘出します。一部の脱出タイプのヘルニア等は困難とされています。

いずれの方法であっても以下のような特徴があります

  • 皮膚切開が小さいため術後の痛みが少ない
  • 背筋に対する負担が少ない
  • 翌日から歩行可能です

 

※ 掲げている数値はあくまでも目安であり、個人差があります。

 

prev next